忍者ブログ

睡眠障害 治療

睡眠障害の治療で、どのような状態の時にどんな症状が出るのか、昼間や寝入る時の様子などを記録しておくと、後々医師の診察を受ける時に役立ちます。

HOME Admin Write
選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 睡眠障害の対策法で睡眠障害ではないかと思い当たったら、何をすればよいのでしょうか。
睡眠障害の対処法は、第一に症状を正確に把握する事です。

 睡眠障害の病名を確定するには細かい状況まで調べる事が大切ですから、症状が出た時の記録があれば医師の方からも病名が判断しやすくなるでしょう。睡眠障害の治療に先立っては、生活指導で質の良い睡眠が得られるようにしますが、努力しても安眠できない時には、より有効な治療が施されることになります。
睡眠障害には薬物治療が効果的です。

 治療に使われるのは睡眠薬や睡眠導入剤で、催眠効果を高めて眠りやすくしたり、緊張や不安を取り除き、穏やかな眠りへと導いてくれます。睡眠障害に高い効果のある睡眠薬ですが注意も必要です。
安全な治療のために睡眠薬にどのような副作用があるのか知る事は大事なポイントです。

 睡眠障害の原因によっても違いますが、対策法も症状に併せて行う事が速やかな改善に繋がります。
また、睡眠障害の治療の「非」薬物療法には、睡眠制限法、高照度光治療、精神療法、リラックス法がなどがあります。睡眠制限法は、睡眠時間をわざと減らす事で必要以上に眠りたがる方に正常な睡眠時間を定着させる効果があります。


・・・・


<スポンサードリンク>


PR

前節で述べましたように睡眠障害を治すにはいくつかの方法が採られます。
睡眠障害の治療で、どのような状態の時にどんな症状が出るのか、昼間や寝入る時の様子などを記録しておくと、後々医師の診察を受ける時に役立ちます。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。 

 

代表的な睡眠障害の治療法について述べてみましょう。
薬物療法には症状の程度によって睡眠薬を用います。睡眠障害の治療薬についてまとめてみました。
ベンゾジアゼピン系の睡眠剤
・睡眠中枢の働きを高めて、催眠作用、筋弛緩作用、抗不安作用があります。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠剤
・抗不安作用や筋弛緩作用のないものもあり、筋肉が弛緩する事による転倒などが予防できます。

代表的な薬物にはいくつかあって、患者の体質や症状により適切に選ばれています。

また、こうした治療にあわせて睡眠障害に効く食物を食べたりするのもおすすめです。
自分なりの入眠儀式を行ったり、寝室を暗くして心地よい音楽を聞いてもよいでしょう。
睡眠障害の対策法を調べ、実行していけば徐々に改善していくといわれています。

・・・・

睡眠障害の治療で、睡眠障害治療に使われる睡眠剤は、以前は怖いイメージを持つ方もいるでしょう。
たしかに以前は依存性の強いものや大量に飲むと命の危険があるものなどがありました。
しかしながら今の薬は副作用の少ないベンゾジアゼピン系が広く使われ、安全性も高いので安心して使えます。ですから、睡眠障害で現在使われている睡眠薬はベンゾジアゼピン系の薬物で、医師の指導の下に服用すればトラブルはないでしょう。

しかし、体質によっては多少の副作用が考えられます。
よく見られる副作用には、催眠作用が長く続いて、起床しても眠気が残る事です。
睡眠中の記録を取るのは難しいのですが、家族に協力してもらい、いびきをかいていたのか、
体の動きはどうだったのかメモしておき、早めに専門医に相談します。

一方、睡眠障害の治療の非薬物療法のひとつである「高照度光療法」は、就寝時間や睡眠時間がずれてしまい、睡眠障害に陥っている方に有効です。2500~3000ルクスという強い光を当てて体内時計を正常化し、生活リズムを取り戻すという治療法です。

また、精神療法はストレスや恐れ、不安を抱える方に向く方法であり、精神的なトラブルを解消させ、快眠出来るようにします。



<スポンサードリンク>


・・・・

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

<スポンサードリンク>

プロフィール

HN:
GENROQ
性別:
非公開

バーコード

Copyright ©  -- 睡眠障害 治療 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]